マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

若者のキモチ(出会・恋愛・結婚)はここで輝く!

出会・恋愛・結婚の喜びと充実を生み出すブログです。

様々な男女交際論

【男女交際】に本来は理屈などないとは思いますが、今日はあえて、そんな【男女交際】論について少し語りたいと思います。
男性と女性が互いに好意を持って、あるいは好意を持つ事を目的にして付き合う事、それが【男女交際】なるものなのでしょう。
その定義というのはまさに人それぞれ、性的関係をメインにする人もいれば、精神的なものをメインにする人もいます。
中には肉体を満たす関係と、心を満たす関係、二つの【男女交際】を同時進行させている人もいますよね。
例えば、浮気をしているお父さんとか、二股を掛けているお姉さん。
不倫なんかはまさしくその典型的なスタイルで、世には複数の【男女交際】を同時期にエンジョイしている人も少なくありません。
又、お金や時間に余裕があるからなのかどうかは分かりませんが、常時不特定多数との【男女交際】を楽しんでいる方も沢山いらっしゃいます。
そうかと思えば、素敵なパートナーが欲しくても中々出来ない人も、これ又多くて、近頃では【男女交際】をプロデュースする場などというのも登場して来ていますよね。

【男女交際】という言葉は明治時代に出来たそうですが、それから時代とともに進化し続けた【男女交際】。
ところがところが、21世紀に入って、最近又初期の頃の【男女交際】の姿が見え始めているそうですね。
これはちょっと意外な話なのですが、当時の日本は離婚率が非常に高くて、最近と同じ位の数字が記録されているのであります。
それは恐らくしっかりとした【男女交際】をしないまま結婚してしまったからだと言われています。
そう、あの時代はお見合い結婚が主流、それも、一度も直接面会する事無く結ばれる夫婦も多かったとか。
そこで、我が国も欧米のように【男女交際】が必要だと考えられたようですね。

【男女交際】という言葉は、あの福沢諭吉さんがSocietyという英語を交際と訳した事がきっかけで生まれた言葉、男性と女性の交際という事で、【男女交際】。
なんともシンプルで解り易い日本語ですが、実にいろいろな感情や意味合いを含む言葉です。
その証拠に、【男女交際】という言葉には正式な定義なんてありません。
人それぞれがそれぞれの理論、つまり【男女交際】論を持っています。
まあ、【男女交際】論は多くの場合、恋愛という2文字がメインですから、当然と言えば当然の原理と言えるでしょう。
そんな人様の恋愛事情や【男女交際】論を知るのは実に面白いものです。
私は結構ブログやサイトでそうした記事を読んでは楽しんでいます。
勿論私にも一応【男女交際】論というのはありますから、時には比較してみたり、同意してみたり、反論を抱いて見たり。
男と女の関係という非常に身近なテーマならではの楽しみ方があれこれあります。
人の数だけ【男女交際】はあって、その交際の数だけ理論もあるという感じですね。
ですから、【男女交際】は毎回同じ理論のもと進んではくれません。
その都度、自分の考え方や感覚を調整しながら進行して行くものです。
故に、ブログやサイトを通して、様々な【男女交際】論に触れておく事はとても大切な事なのではないかと、最近つくづく思いますね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。