マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

若者のキモチ(出会・恋愛・結婚)はここで輝く!

出会・恋愛・結婚の喜びと充実を生み出すブログです。

男女交際

【男女交際】ってなあにっと、先日幼稚園に通う娘がいきなり質問をぶつけて来ました。
親になればいつかは必ず愛する我が子の【男女交際】に不安を抱き、悩まされる日が来るだろうとは覚悟していましたよ。
でもまさか、娘を産んで僅か5年目でその日がやって来るとは想像出来ませんでしたね。
当然、咄嗟に答える事は出来ませんでした、その【男女交際】とはという質問にね。
それにしても、【男女交際】なんていう言葉、どこで聞いて来たのか、そっちの方が気になります。
近頃の幼稚園では、そんな大人の世界の言葉も教えるのでしょうか。
もしそうだとしたら、どうせなら、【男女交際】についての意味や正しい行動についても教えてもらいたいものですね。
幼稚園児がそれをどこまで理解出来るかは判りませんが少なくとも、言葉だけを伝えるのはやめていただきたいものです。
まあもっとも、どうやら今回の場合は、幼稚園の先生から【男女交際】という言葉を聞いた訳ではないようですけどね。

【男女交際】とはなにか、誰もが知ってる言葉ですが、いざ子供に説明するとなると、頭の痛いところです。
ようするに男の人と女の人がお付き合いする事ではあるんですよね。
ただ、どうなんでしょう、やはりそこに恋愛感情のようなものが存在して初めて【男女交際】というのでしょうか。
それとも、ただ単に男性と女性が付き合うだけでも【男女交際】になるのでしょうか。
だとしたら、世の中いたるところ【男女交際】だらけ、職場や学校や娘の通う幼稚園にだって存在する事になります。
職場や学校では、常に誰かとともに行動し、いろんな人と付き合っている訳ですから、立派なグループ交際。
それが男女共学や共同の場所であれば【男女交際】になる訳ですよね。
そう思うと、【男女交際】はどこにでも存在するものですから、それほど騒ぎたてるものではないのかも知れません。

【男女交際】そのものではなく、恋愛感情を交えた【男女交際】、それが問題なのではないでしょうか。
とは言え、娘にいきなりこんな質問をされて、驚いたり考えさせられてしまった私。
【男女交際】という言葉に深い意味合いを忍ばせているのは、実は実は親の方なのかも知れないなぁっと思います。
だけど、最近はみんな恋愛っていう言葉を使って、【男女交際】っていう言葉を余り使わなくなったような気がしませんか。
だから、私の中では余計に、【男女交際】イコール恋愛というイメージが強いのかも。
【男女交際】という言葉について、世のお父さん、お母さんたちはどんな印象をお持ちなんでしょうね。
すごく気になって、恋愛関連や子育て関連のブログやサイトを読んでみました。
やはり皆さん【男女交際】については、それぞれにいろいろな考えや悩みや関心をお持ちのようです。
当然ですが、子供が成長するとともに、その不安や悩みは増す見たい。
されど、又、楽しい【男女交際】の話題というのもブログやサイトには沢山載っています。
私も娘を持つ母親、これからはちゃんとこうしたブログやサイトを参考に、娘の【男女交際】に向き合って行かないといけないんでしょうね。

タグ:男女交際
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。