マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

若者のキモチ(出会・恋愛・結婚)はここで輝く!

出会・恋愛・結婚の喜びと充実を生み出すブログです。

恐るべし男女交際のトラブル

【男女交際】にトラブルは付き物と言えるかとは思いますが、その【男女交際】のトラブルが人の命を奪うというのは絶対にいけません。
されど、殺人事件の動機と申しますか、きっかけと申しますか、とにかく引き金になるのは大抵金銭トラブルか【男女交際】のトラブルではないでしょうか。
【男女交際】は順調に進行している時は良いのですが、一つ狂うと怖い。
よく食べ物の恨みは怖いと言いますが、実際のところ、食べ物の恨みで相手の命を奪おうとまで感がる人はそうはいないはず。
となると、やはり、お金の恨みと負けず劣らずたちが悪いのが異性への恨み、【男女交際】のトラブルでございます。
以前アメリカの名門大学で起こった銃乱射事件、全く無関係の人の多くの命が巻き添えとなりました。
あの事件の引き金になっていたのも容疑者の抱えていた【男女交際】のトラブル。
日本でも大阪の大学生が一人の女性を巡って集団でリンチされ、行方不明になるという事件がありましたよね。
あれなんかは、ホントとんでもない話で、被害者となったカップルが直接過去に加害者との【男女交際】によるトラブルを抱えていたものではないんですよね。
瞬間的な【男女交際】のトラブルだった訳ですから、防ぎようもなかったのでしょう。

【男女交際】のトラブルというのは、今の【男女交際】にはまるで無縁の第三者によって引き起こされる事も少なくありません。
以前交際していた男性が女性と復縁したいために今の女性の彼氏を殺害したという事件も時よりあります。
まあその逆のパターンもある訳で、こうした過去の【男女交際】のトラブルに巻き込まれる今の恋人は災難としか言いようがないでしょう。
そうした事件を少しでも減らすためかどうかは分かりませんが、近頃では【男女交際】のトラブルを専門に扱う相談事務所のような所も存在するんですね。
何ですか、後々復縁などを迫られないように、内容証明で二人が別れた事をきちんと通達してくれるんだそうですよ。
まあ、いつ過去の【男女交際】のトラブルが新しい幸福を妨げるか分からない時代となった昨今、それ位の事をしておかないといけないのかも知れませんね。

【男女交際】を始める時は、皆さんきっと将来そんな新聞やテレビに載るような【男女交際】に発展するなんて思ってもいない事でしょう。
しかし今は、お金の切れ目が縁の切れ目と言われるように、男女の切れ目が人としての心の切れ目なのかも知れません。
本当にいい【男女交際】をしていたら、お互い分かれる時もいい別れ方が出来るはずだと私は思います。
心や体をズタズタにし合うような別れ方だけはなくしていただきたいものです。
【男女交際】のトラブルで障害者となった友人を見ていて、私はいつもそう感じますね。
まあ彼の場合は浮気現場を奥さんに取り押さえられて、慌てて彼女のマンションの階段から落っこちて足を悪くしたんですけどね。
事故う字とくと言えばそれまでで、多くの【男女交際】のトラブルは彼みたいなものではあるんでしょう。
けれど、どんな【男女交際】のトラブルであっても、周囲にも多々迷惑をかけている事は事実です。
その辺り、人の不幸を参考にするのは良くない事ですが、いろいろな【男女交際】のトラブルの経過や結果を知っておく事はとても大事。
私はそう思って、よく恋愛関連のブログやサイトを読んでいます。
自分が【男女交際】のトラブルの加害者や被害者にならないためにも、結構重要なんじゃないかなぁって考えているからです。

様々な男女交際論

【男女交際】に本来は理屈などないとは思いますが、今日はあえて、そんな【男女交際】論について少し語りたいと思います。
男性と女性が互いに好意を持って、あるいは好意を持つ事を目的にして付き合う事、それが【男女交際】なるものなのでしょう。
その定義というのはまさに人それぞれ、性的関係をメインにする人もいれば、精神的なものをメインにする人もいます。
中には肉体を満たす関係と、心を満たす関係、二つの【男女交際】を同時進行させている人もいますよね。
例えば、浮気をしているお父さんとか、二股を掛けているお姉さん。
不倫なんかはまさしくその典型的なスタイルで、世には複数の【男女交際】を同時期にエンジョイしている人も少なくありません。
又、お金や時間に余裕があるからなのかどうかは分かりませんが、常時不特定多数との【男女交際】を楽しんでいる方も沢山いらっしゃいます。
そうかと思えば、素敵なパートナーが欲しくても中々出来ない人も、これ又多くて、近頃では【男女交際】をプロデュースする場などというのも登場して来ていますよね。

【男女交際】という言葉は明治時代に出来たそうですが、それから時代とともに進化し続けた【男女交際】。
ところがところが、21世紀に入って、最近又初期の頃の【男女交際】の姿が見え始めているそうですね。
これはちょっと意外な話なのですが、当時の日本は離婚率が非常に高くて、最近と同じ位の数字が記録されているのであります。
それは恐らくしっかりとした【男女交際】をしないまま結婚してしまったからだと言われています。
そう、あの時代はお見合い結婚が主流、それも、一度も直接面会する事無く結ばれる夫婦も多かったとか。
そこで、我が国も欧米のように【男女交際】が必要だと考えられたようですね。

【男女交際】という言葉は、あの福沢諭吉さんがSocietyという英語を交際と訳した事がきっかけで生まれた言葉、男性と女性の交際という事で、【男女交際】。
なんともシンプルで解り易い日本語ですが、実にいろいろな感情や意味合いを含む言葉です。
その証拠に、【男女交際】という言葉には正式な定義なんてありません。
人それぞれがそれぞれの理論、つまり【男女交際】論を持っています。
まあ、【男女交際】論は多くの場合、恋愛という2文字がメインですから、当然と言えば当然の原理と言えるでしょう。
そんな人様の恋愛事情や【男女交際】論を知るのは実に面白いものです。
私は結構ブログやサイトでそうした記事を読んでは楽しんでいます。
勿論私にも一応【男女交際】論というのはありますから、時には比較してみたり、同意してみたり、反論を抱いて見たり。
男と女の関係という非常に身近なテーマならではの楽しみ方があれこれあります。
人の数だけ【男女交際】はあって、その交際の数だけ理論もあるという感じですね。
ですから、【男女交際】は毎回同じ理論のもと進んではくれません。
その都度、自分の考え方や感覚を調整しながら進行して行くものです。
故に、ブログやサイトを通して、様々な【男女交際】論に触れておく事はとても大切な事なのではないかと、最近つくづく思いますね。

男女交際

【男女交際】ってなあにっと、先日幼稚園に通う娘がいきなり質問をぶつけて来ました。
親になればいつかは必ず愛する我が子の【男女交際】に不安を抱き、悩まされる日が来るだろうとは覚悟していましたよ。
でもまさか、娘を産んで僅か5年目でその日がやって来るとは想像出来ませんでしたね。
当然、咄嗟に答える事は出来ませんでした、その【男女交際】とはという質問にね。
それにしても、【男女交際】なんていう言葉、どこで聞いて来たのか、そっちの方が気になります。
近頃の幼稚園では、そんな大人の世界の言葉も教えるのでしょうか。
もしそうだとしたら、どうせなら、【男女交際】についての意味や正しい行動についても教えてもらいたいものですね。
幼稚園児がそれをどこまで理解出来るかは判りませんが少なくとも、言葉だけを伝えるのはやめていただきたいものです。
まあもっとも、どうやら今回の場合は、幼稚園の先生から【男女交際】という言葉を聞いた訳ではないようですけどね。

【男女交際】とはなにか、誰もが知ってる言葉ですが、いざ子供に説明するとなると、頭の痛いところです。
ようするに男の人と女の人がお付き合いする事ではあるんですよね。
ただ、どうなんでしょう、やはりそこに恋愛感情のようなものが存在して初めて【男女交際】というのでしょうか。
それとも、ただ単に男性と女性が付き合うだけでも【男女交際】になるのでしょうか。
だとしたら、世の中いたるところ【男女交際】だらけ、職場や学校や娘の通う幼稚園にだって存在する事になります。
職場や学校では、常に誰かとともに行動し、いろんな人と付き合っている訳ですから、立派なグループ交際。
それが男女共学や共同の場所であれば【男女交際】になる訳ですよね。
そう思うと、【男女交際】はどこにでも存在するものですから、それほど騒ぎたてるものではないのかも知れません。

【男女交際】そのものではなく、恋愛感情を交えた【男女交際】、それが問題なのではないでしょうか。
とは言え、娘にいきなりこんな質問をされて、驚いたり考えさせられてしまった私。
【男女交際】という言葉に深い意味合いを忍ばせているのは、実は実は親の方なのかも知れないなぁっと思います。
だけど、最近はみんな恋愛っていう言葉を使って、【男女交際】っていう言葉を余り使わなくなったような気がしませんか。
だから、私の中では余計に、【男女交際】イコール恋愛というイメージが強いのかも。
【男女交際】という言葉について、世のお父さん、お母さんたちはどんな印象をお持ちなんでしょうね。
すごく気になって、恋愛関連や子育て関連のブログやサイトを読んでみました。
やはり皆さん【男女交際】については、それぞれにいろいろな考えや悩みや関心をお持ちのようです。
当然ですが、子供が成長するとともに、その不安や悩みは増す見たい。
されど、又、楽しい【男女交際】の話題というのもブログやサイトには沢山載っています。
私も娘を持つ母親、これからはちゃんとこうしたブログやサイトを参考に、娘の【男女交際】に向き合って行かないといけないんでしょうね。

タグ:男女交際
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。